還暦祝いkanrekiiwai

還暦祝いの歴史

還暦を祝う習慣が日本で始まったのは飛鳥時代とも奈良時代とも言われています。当時、日本は遣隋使や遣唐使を送り、大陸のさまざまな文化を取り入れていました。その中に、還暦を祝う習慣もあったのではないかと考えられています。


なぜ還暦を祝うのか?

還暦=60歳を祝うのには、干支に大きな関係があります。 正式な干支とは、「甲(きのえ)」から始まり、「癸(みずのと)」で一回りとなる「十干」が組み合わさった「十干十二支」。この十干と十二支それぞれを同じ年をスタート地点にして順番に当てはめていくと、11年目からは組み合わせが段々ずれて変わっていき、60年で一巡り。これが、暦が回って戻る、「還暦」です。還暦を迎えられた方は新しい暦を刻むための出発点に立ったことになり、60年の大きな節目を祝うだけでなく、新しい門出をも祝う誕生日でもあるということ。昔からの人々がこの習慣を大切に伝えてきたこともうなずけます。


還暦祝いのプレゼント

最近では、還暦祝いはご家族や内輪の方々だけで行われることが多いようです。「還暦には赤いちゃんちゃんこ」という習慣には、暦が一巡りして最初に戻る=赤ん坊に戻るという意味合いがありました。同時に赤は、神社の鳥居などを見てもわかるように「魔除けの色」。新しい人生を災いなく過ごし、もっともっと長生きしてほしいという願いが、この赤い色に込められてきました。加えて最近では、赤色は情熱の色、積極性や行動的な心を起させる色という考えもあります。つまり現代社会の今も赤色は、「元気で長寿」の願いを託すことができる色なのです。もちろん、赤色にこだわらないこともお祝いのかたちの一つです。また腕時計のバンドが赤い物もお洒落な方へ贈ってみても喜んでくれるのではないでしょうか?


バナースペース